『アメリカの裁判制度』:アメリカ法律力 第4回

アメリカの裁判制度についての解説動画をアップしました。

単一的な体系となっている日本の法律や裁判制度に比べ、アメリカの裁判制度は複雑です。アメリカは連邦制の国であり、連邦と州という二つのレベルの法律があります。それと同様に、裁判制度もアメリカは二元的な仕組みがとられていています。


つまり、50の州レベルと、1つの連邦レベル、合わせて51個の独立した裁判制度がアメリカには存在していると理解できるのです。法律の問題によっては、州の裁判所で解決できるものもあれば、連邦裁判所に行かなければならない問題もあります。また、同じ事件において州と連邦どちらの裁判所でも処理できる問題があったりと、アメリカの裁判制度はとても複雑でユニークなシステムとなっています。


経営者の皆さんが、この動画を見ることで、ニュースなどでアメリカの裁判に関する記事を見たとき、裁判所の名前を聞いただけでピンとくるようになれば幸いです。


https://www.youtube.com/watch?v=viisaSFBZmw



以下の動画もぜひ参考にしてください。


この動画に関する質問は、hnaito@mosessinger.comまで、日本語でお気軽にお問い合わせください。なお、本動画は、録音時の情報に基づいており、現在とは情報が異なる場合があることを、予めご了承ください。最新コンテンツやアップデート情報などをいち早くご希望される場合は、ニュースレターへの登録をお願いいたします。