• hnaito9

ウイルス検査、感染者との接触追跡(コンタクト・トレーシング)における雇用主のリスク

Jackson Lewisのウェビナー

「COVID-19: Daily Briefing - Designing and Implementing COVID19 Screening, Testing, and Contact Tracing Programs」

https://www.jacksonlewis.com/event/covid-19-daily-briefing-designing-and-implementing-covid19-screening-testing-and-contact-tracing-programs


ウェビナーでは、ウイルス検査の種類について説明し、雇用主がどのように従業員のウイルス検査を実施できるかについて解説しています。また、会社でウイルス感染が発生した場合、感染者と接触した可能性のある人を特定する方法やプログラムについても説明されています。たとえば、従業員同士の接触を追跡するブレスレットが活用されはじめていますが、このようなテクノロジーを利用する場合の留意点はなんでしょうか? テクノロジーで取得する情報が個人情報や医療情報である場合、EEOCや州法のガイドラインに従って、雇用主はこれらの情報を保護していく必要があります。


このウェビナーに関する質問は、hnaito@mosessinger.comまで、日本語でお気軽にお問い合わせください。なお、本ウェビナーは、実施時の情報に基づいており、現在とは情報が異なる場合があることを、予めご了承ください。最新コンテンツやアップデート情報などをいち早くご希望される場合は、ニュースレターへの登録をお願いいたします。

最新記事

すべて表示

CDC:濃厚接触者(Close Contact)の新しい定義

2020年10月21日、CDCによる新型コロナウイルス・濃厚接触者の定義のアップデートがありました。 CDCサイト: https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/php/contact-tracing/contact-tracing-plan/appendix.html#contact これまでは、新型コロナウイルスの症状が発症する2日前から、感染者と6フィ