top of page
  • hnaito9

コロナ禍における「ニューノーマル」第1回 (ガルフストリーム誌)

ヒューストン日本商工会の会報誌「ガルフストリーム」で、3回にわたり「コロナ禍におけるニューノーマル」の連載を執筆することになりました。


この度、第1回企業に求められる「ニューノーマル」とはが、12月号で刊行されました。


「人は何のために働くのか」。コロナ禍において、人々の働く価値観が変わるなか、企業は何をするべきなのか。本稿では、「ニューノーマルの3つの段階」を提唱しています。多くの企業が第1段階、第2段階で低迷するなか、いかにして第3段階へシフトできるのか。それこそが、企業に求められるコロナ禍のニューノーマルであり、適切な予防法務につながるのです。



この記事に関する質問は、hnaito@mosessinger.comまで、日本語でお気軽にお問い合わせください。なお、本記事は執筆時の情報に基づいており、現在とは異なる場合があることを、予めご了承ください。最新コンテンツやアップデート情報などをいち早くご希望される場合は、ニュースレターへの登録をお願いいたします。

0件のコメント

Comentários


bottom of page