ジェトロWebinar「2021年の米国雇用労働法の注意点」

先日、ジェトロ・ニューヨーク事務所主催で、2021年の米国雇用労働法の注意点について解説するセミナーをさせていただきました。

本セミナーでは、前トランプ政権からバイデン新政権に変わったことで生じうる雇用労働法上の変化、長引く新型コロナウイルス関連の対応など、雇用主が把握すべき最新動向について、私を含めた3名の弁護士が解説をさせていただきました。その動画がアップされましたので、ぜひ、ご覧ください。在米日本企業の皆様のご参考になれば幸いです。


https://www.jetro.go.jp/world/covid-19/us/video/64d4b442b011ffd6.html

収録日:2021年3月12日(金曜)15時30分〜17時00分(米国東部時間)


パート1:

新型コロナウイルス(特にワクチン接種)対策(言語:英語) 雇用主が把握しておくべきワクチン接種に関する注意点を解説。 パート1のサマリー(言語:日本語)


パート2:

バイデン政権における雇用労働法(言語:英語) 雇用主の新型コロナウイルス対策におけるガイドラインについて解説。また、トランプ政権からバイデン政権に変わり、雇用労働法においてどのような変化が期待されるか解説。 パート2のサマリー(言語:日本語)


講師

  • Moses & Singer LLP 内藤 博久弁護⼠

  • Jackson Lewis P.C. Tania J. Mistretta弁護⼠

  • Jackson Lewis P.C. Anna K. Broccolo弁護士



この記事に関する質問は、hnaito@mosessinger.comまで、日本語でお気軽にお問い合わせください。なお、本記事は執筆時の情報に基づいており、現在とは異なる場合があることを、予めご了承ください。最新コンテンツやアップデート情報などをいち早くご希望される場合は、ニュースレターへの登録をお願いいたします。


最新記事

すべて表示

Eコマースについて考える

JETROが主催する「米国のEコマース市場の動向につい」ての、ウェビナーのご案内です。 講師の平山様とは、JETRO調査レポート「小売販売業のためのニューヨーク出店マニュアル」(2012年3月)を一緒にまとめる作業をさせていただきました。 https://www.jetro.go.jp/world/reports/2012/07001089.html 平山様がマニュアル全体の構成・内容についてリー

2021年、FFCRAの解説パート2(3月30日修正)

以下、パート1の続きです。 質問4:FFCRAが終了してしまったわけですが、今後も新型コロナウイルスの影響によって従業員が仕事をすることができない状況が発生する可能性があります。その場合、雇用主はどうしたらいいのでしょうか?どのようなことを知っておくべきでしょうか? 答え:従業員が仕事をすることができない理由、またはそのシナリオによって、雇用主の対応のパターンは変わります。一番考えられるのは、従業

2021年 FFCRAの解説 パート1(3月30日修正)

3月3日、HLS様とPOSI様が企画されましたWebinarにて「2021年におけるFFCRAの動向と留意点」というトピックについてお話しする機会をいただきました。 FFCRA(家族第一・新型コロナウイルス対応法)は、新型コロナウイルスの影響によってリモート含め働けなくなった従業員に対して、給与補償(Paid Leave)するとを雇用主に義務付けた法律となります。このPaid Leaveには、EP