• hnaito9

ポスト・コロナ社会で、労働者の共同行為や団体行動を行う権利はどこまで守られるのか?

Fisher Philipsの記事

「Protected Concerted Activity: The Next COVID-19 Challenge For Union And Non-Union Employers Alike」

https://www.fisherphillips.com/resources-alerts-protected-concerted-activity-the-next-covid-19


全国労働関係法(NLRA: National Labor Relations Act of 1935)では、労働者が団結し、労働環境や条件について団体交渉や行動を行う権利を保護しています(7条)。そして、この労働者の権利に対して、雇用主が干渉や妨害、差別や報復行為を行うことは不当労働行為として、同法にて一切禁止されています(8条)。では、ポスト・コロナ社会で、労働者が職場復帰を拒否(ストライキ)したり、職場環境の改善や便宜、臨時ボーナスなどを求めて交渉をしてきた場合、雇用主はどのように対応すればよいのでしょうか。本記事では、労働者の共同行為に対する注意点や、雇用主の対策などが解説されています。


この記事に関する質問は、hnaito@mosessinger.comまで、日本語でお気軽にお問い合わせください。なお、本記事は執筆時の情報に基づいており、現在とは異なる場合があることを、予めご了承ください。最新コンテンツやアップデート情報などをいち早くご希望される場合は、ニュースレターへの登録をお願いいたします。

最新記事

すべて表示

企業に求められる 「ニューノーマル」とは(ガルフストリーム誌連載第3回)

ヒューストン日本商工会の会報誌「ガルフストリーム」で、3回にわたり執筆している『企業に求められる「ニューノーマル」とは』」の第3回が刊行されました。今回は、コロナ禍で求められるリーダーシップについてです。 https://339e19be-a0a2-4218-8da0-f5c256046686.filesusr.com/ugd/66ffda_9c0880fa4e9142bd88ee09dd662e

企業に求められる 「ニューノーマル」とは(ガルフストリーム誌連載第2回)

ヒューストン日本商工会の会報誌「ガルフストリーム」で、3回にわたり執筆している「コロナ禍におけるニューノーマル」の第2回『企業に求められる「ニューノーマル」とは』が、刊行されました。 コロナ禍において、人々の働く価値観が変わるなか、企業を救うのは従業員との「団結と共感」です。雇用主が、コロナ禍において特に厳しい影響を受けた人々に対する対応を間違えると、法的リスクを招きかねません。逆に、安心して働け

コロナ禍における「ニューノーマル」第1回 (ガルフストリーム誌)

ヒューストン日本商工会の会報誌「ガルフストリーム」で、3回にわたり「コロナ禍におけるニューノーマル」の連載を執筆することになりました。 この度、第1回『企業に求められる「ニューノーマル」とは』が、12月号で刊行されました。 「人は何のために働くのか」。コロナ禍において、人々の働く価値観が変わるなか、企業は何をするべきなのか。本稿では、「ニューノーマルの3つの段階」を提唱しています。多くの企業が第1