top of page
  • hnaito9

ポスト・コロナ社会で起こる可能性の高い、従業員の労働賃金・労働時間をめぐる訴訟パターン

Fisher Philipsの記事

「Top 5 Wage And Hour Risks To Avoid As Businesses Reopen」


本記事では、事業再開後に雇用主が従業員から、労働賃金や労働時間(Wage & Hour)に関する問題で訴えられるパターンを5つ紹介しています。独立契約者、そしてexempt(管理者・監督者)従業員の不当区分については、特に注意すべきポイントであると解説されてます。


この記事に関する質問は、hnaito@mosessinger.comまで、日本語でお気軽にお問い合わせください。なお、本記事は執筆時の情報に基づいており、現在とは異なる場合があることを、予めご了承ください。最新コンテンツやアップデート情報などをいち早くご希望される場合は、ニュースレターへの登録をお願いいたします。


Comments


bottom of page