top of page
  • hnaito9

事業再開:一時帰休、レイオフ、減給をする際の注意点

Ogletree Deakinsのポッドキャスト

「Alternative Work Arrangements during COVID-19: Furloughs, Reduced Schedules, and Reduced Pay」


本ポッドキャストでは、一時帰休、レイオフ、従業員の減給に関する法的リスクの違いについて解説しています。ポスト・コロナ社会では、企業の経済的負担を下げるために、従業員の減給やシフト変更などが避けられない可能性があります。減給をする場合は、exempt従業員(管理・監督者)の場合は特に気をつけないと、不当区分のリスクを招くことになります。また、本ポッドキャストでは、一時帰休におけるビザの問題についても触れています。


このポッドキャストに関する質問は、hnaito@mosessinger.comまで、日本語でお気軽にお問い合わせください。なお、本ポッドキャストは、録音時の情報に基づいており、現在とは情報が異なる場合があることを、予めご了承ください。最新コンテンツやアップデート情報などをいち早くご希望される場合は、ニュースレターへの登録をお願いいたします。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentarer


bottom of page