• hnaito9

全国労働関係法(NLRA):ポスト・コロナ社会における労働者の交渉する権利

Fisher Philipsのウェビナー

「Back to Business: The New Normal in Labor Relations in the Wake of COVID-19」

https://www.fisherphillips.com/newsroom-events-back-to-business-the-new-normal-in


全国労働関係法(NLRA)は、労働者が雇用主と労働環境や条件について交渉をする、または労働者が労働環境を変えるために団結をする権利を保護しています。NLRAによって保護される労働者の権利に対して、雇用主が解雇などを含む報復行為を行うことは同法により禁止されています。ポスト・コロナ社会では、労働環境に不安が高まり、労働者が安全性の確保や賃金上昇などを求めて、雇用主に交渉を求めてくるケースが増加すると考えられています。実際、新型コロナウイルスの発生以来、労働者運動は盛んになってきていて、労働組合や活動家は、「新型コロナウイルスは、労働者の権利を強化する最大のチャンス」と提唱し、ソーシャル・メディアを通して、労働者がどのようにして雇用主に団体交渉を行うか等のガイダンスを展開しています。


ウェビナーでは、アマゾン社で見られた労働者によるストライキや抗議といった、ポスト・コロナ社会の労働者権利に対して、雇用主がどのように対応すべきかについて解説しています。NLRAによって保護される労働者の権利とはなにか? 労働者の権利に対して、雇用主の対応が不法とならないようにするにはどうするべきか? 団体交渉の流れや進め方について、雇用主が知っておくべきことについてのガイダンスが提供されています。


このウェビナーに関する質問は、hnaito@mosessinger.comまで、日本語でお気軽にお問い合わせください。なお、本ウェビナーは、実施時の情報に基づいており、現在とは情報が異なる場合があることを、予めご了承ください。最新コンテンツやアップデート情報などをいち早くご希望される場合は、ニュースレターへの登録をお願いいたします。

最新記事

すべて表示

企業に求められる 「ニューノーマル」とは(ガルフストリーム誌連載第3回)

ヒューストン日本商工会の会報誌「ガルフストリーム」で、3回にわたり執筆している『企業に求められる「ニューノーマル」とは』」の第3回が刊行されました。今回は、コロナ禍で求められるリーダーシップについてです。 https://339e19be-a0a2-4218-8da0-f5c256046686.filesusr.com/ugd/66ffda_9c0880fa4e9142bd88ee09dd662e

企業に求められる 「ニューノーマル」とは(ガルフストリーム誌連載第2回)

ヒューストン日本商工会の会報誌「ガルフストリーム」で、3回にわたり執筆している「コロナ禍におけるニューノーマル」の第2回『企業に求められる「ニューノーマル」とは』が、刊行されました。 コロナ禍において、人々の働く価値観が変わるなか、企業を救うのは従業員との「団結と共感」です。雇用主が、コロナ禍において特に厳しい影響を受けた人々に対する対応を間違えると、法的リスクを招きかねません。逆に、安心して働け

コロナ禍における「ニューノーマル」第1回 (ガルフストリーム誌)

ヒューストン日本商工会の会報誌「ガルフストリーム」で、3回にわたり「コロナ禍におけるニューノーマル」の連載を執筆することになりました。 この度、第1回『企業に求められる「ニューノーマル」とは』が、12月号で刊行されました。 「人は何のために働くのか」。コロナ禍において、人々の働く価値観が変わるなか、企業は何をするべきなのか。本稿では、「ニューノーマルの3つの段階」を提唱しています。多くの企業が第1