top of page
  • hnaito9

従業員が職場復帰を拒否した場合、雇用主が確認すべき法律は?

Ogletree Deakinsのポッドキャスト

「Employee Reluctance to Return to Work During COVID-19」


事業再開後、従業員が職場復帰を拒否し、その拒否に対する正当な理由がない場合は、雇用主は当該従業員の職場復帰への拒否を「自主退職」とすることが可能です。では、このような従業員の拒否に対して自主退職とできない、あるいは従業員の拒否が正当と考えられるケースはどのようなものしょうか? 本ポッドキャストでは、OSHA(労働安全衛生法)、ADA(障害を持つアメリカ人法)、NLRA(全国労働関係法)という3つの連邦法を中心に、従業員が雇用主の職場復帰要請を拒否できる場合、拒否できない場合について解説しています。


このポッドキャストに関する質問は、hnaito@mosessinger.comまで、日本語でお気軽にお問い合わせください。なお、本ポッドキャストは、録音時の情報に基づいており、現在とは情報が異なる場合があることを、予めご了承ください。最新コンテンツやアップデート情報などをいち早くご希望される場合は、ニュースレターへの登録をお願いいたします。

0件のコメント

Comments


bottom of page