知っておきたいアメリカの銃規制とセカンドアメンドメント

今回の動画は、アメリカ合衆国憲法の中でもっとも議論され・問題視される合衆国憲法修正第2条(セカンドアメンドメント)、「武器を保有・携帯する権利」と、銃規制の問題。

特に、アメリカの論争を2つに分けている「銃の保有・携帯は個人の権利ではないので、その権利を規制することは憲法違反とはならない」と言う「the collective rights theory(集団的権利)」という考えと、セカンドアメンドメントは市民が自己防衛のために武装する権利を保障するものであるという「the individual rights theory(個人の権利)」について、解説。


セカンドアメンドメントの問題を通して、皆さんと一緒に、アメリカという国をもっと理解していければと思います。











https://www.youtube.com/watch?v=R_0nSL37q-k&t=1s


本動画のスクリプトは以下でご覧いただけます。

https://www.jpnuslegalaidatwork.com/general-6


この動画に関する質問は、hnaito@mosessinger.comまで、日本語でお気軽にお問い合わせください。なお、本動画は、録音時の情報に基づいており、現在とは情報が異なる場合があることを、予めご了承ください。最新コンテンツやアップデート情報などをいち早くご希望される場合は、ニュースレターへの登録をお願いいたします。