top of page
  • hnaito9

EEOCによる最新ガイドライン(6月11日):年齢差別、アジア系国籍およびアジア系アメリカ人に対する差別の禁止

Fisher Philipsの記事

「EEOC Warns Against Age Discrimination And Other Workplace Concerns During Back-To-Business Push」


本記事では、6月11日付けで雇用機会委員会(EEOC)から発表されたガイドラインについて、解説しています。

EEOCのガイドライン:


最新のガイドラインでEEOCは、ポスト・コロナ社会で発生する年齢差別について説明しています。また、新型コロナウイルスにより、アジア系の人たちに対する差別が継続していることから、人種や国籍で差別をしないよう、注意を喚起しています。

今回のガイドラインでは、従業員の家族が感染に対する重症化リスクがある場合、雇用主がどこまで当該従業員に対する合理的便宜(reasonable accommodation)をはかる義務があるかについても触れています。


この記事に関する質問は、hnaito@mosessinger.comまで、日本語でお気軽にお問い合わせください。なお、本記事は執筆時の情報に基づいており、現在とは異なる場合があることを、予めご了承ください。最新コンテンツやアップデート情報などをいち早くご希望される場合は、ニュースレターへの登録をお願いいたします。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page