top of page
  • hnaito9

EEOCガイドライン(6月17日):雇用主は従業員に抗体検査を強要してはならない

Fisher Philipsの記事

「EEOC Clarifies That Employers Cannot Require COVID-19 Antibody Tests」


EEOC(雇用機会均等委員会)から、6月17日に最新のガイドラインが発表されました。


EEOCの最新ガイドラインによると、従業員の抗体検査はADA(障害をもつアメリカ人法)において検診に当たり、この検診の結果によって従業員の職場復帰を雇用主が判断すべきではないとしています。よって、事業再開に向けて、雇用主が従業員に抗体検査を求めることも、検診が従業員の職務に深く関連している場合を除いては、現時点のADAでは禁止となっています。


この記事に関する質問は、hnaito@mosessinger.comまで、日本語でお気軽にお問い合わせください。なお、本記事は、実施時の情報に基づいており、現在とは情報が異なる場合があることを、予めご了承ください。最新コンテンツやアップデート情報などをいち早くご希望される場合は、ニュースレターへの登録をお願いいたします。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page