JETRO:米国における事業進出マニュアル[会社設立](2021年)

JETROニューヨーク事務所がまとめた、152ページにわたる米国で事業を始める際に必要な法制度についての報告書の「会社設立」に関する章を執筆させていただきました。

https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Reports/02/2021/0e1a0764dfd1c4f3/1.pdf

アメリカに事業進出する際にの進出方法(契約モデル、拠点モデル)、設立できる会社の種類、会社の経営方法、組織再編や倒産手続きにいたるまで、会社運営を考える際のマニュアルとして活用できる内容です。 なお、米国では連邦レベルの法制度の他、州レベルでの法制度も重要となる。本件はニューヨーク州を中心に解説をしています。


発行年月:2021年01月

作成部署:ジェトロ・ビジネス展開支援課、ジェトロ・ニューヨーク事務所

総ページ数:152ページ



この記事に関する質問は、hnaito@mosessinger.comまで、日本語でお気軽にお問い合わせください。なお、本記事は執筆時の情報に基づいており、現在とは異なる場合があることを、予めご了承ください。最新コンテンツやアップデート情報などをいち早くご希望される場合は、ニュースレターへの登録をお願いいたします。

最新記事

すべて表示

Eコマースについて考える

JETROが主催する「米国のEコマース市場の動向につい」ての、ウェビナーのご案内です。 講師の平山様とは、JETRO調査レポート「小売販売業のためのニューヨーク出店マニュアル」(2012年3月)を一緒にまとめる作業をさせていただきました。 https://www.jetro.go.jp/world/reports/2012/07001089.html 平山様がマニュアル全体の構成・内容についてリー

ジェトロWebinar「2021年の米国雇用労働法の注意点」

先日、ジェトロ・ニューヨーク事務所主催で、2021年の米国雇用労働法の注意点について解説するセミナーをさせていただきました。 本セミナーでは、前トランプ政権からバイデン新政権に変わったことで生じうる雇用労働法上の変化、長引く新型コロナウイルス関連の対応など、雇用主が把握すべき最新動向について、私を含めた3名の弁護士が解説をさせていただきました。その動画がアップされましたので、ぜひ、ご覧ください。在

2021年、FFCRAの解説パート2(3月30日修正)

以下、パート1の続きです。 質問4:FFCRAが終了してしまったわけですが、今後も新型コロナウイルスの影響によって従業員が仕事をすることができない状況が発生する可能性があります。その場合、雇用主はどうしたらいいのでしょうか?どのようなことを知っておくべきでしょうか? 答え:従業員が仕事をすることができない理由、またはそのシナリオによって、雇用主の対応のパターンは変わります。一番考えられるのは、従業