Radio show microphones

ALL OK PROJECT
Youtubeチャンネル:久ラジ
スクリプト

アメリカの法律、リーガルセンス、法律英語など、

​様々なコンテンツでお届けしているYoutubeチャンネル:久ラジで配信してきた動画のスクリプトです。

『アメリカ法律力』シリーズ

第1回
​リーガルセンスを身につける

『アメリカ法律力』の第1回は、アメリカでビジネスをする経営者が絶対に身につけたい「リーガルセンス」について。つまり、「法律問題にピンとくる力」です。経営判断をする場合、「あ、これは法律の問題になるな...」と勘が働くようになるには、どうすればいいのか。アメリカは、社会現象によって次々と新しい法律が生まれる法律の先進国。リーガルセンスを磨くには、最高の環境です。経営者だからこそ知っておきたい大切な法律(ディスカバリー制度や秘匿特権)などについて、米国弁護士が解説しています。

第2回
アメリカの法源

今回のテーマは、アメリカの法源:Source of Lawについて。アメリカの法律には、合衆国憲法、連邦制定法、連邦の行政規制、連邦のコモンロー、州の憲法、州の制定法、州の行政規制、州のコモンローなどがあり、とても複雑な法体系をしています。そして、この複雑さが、アメリカが訴訟大国となる一つの原因です。本動画では、アメリカでビジネスをする上で、経営者の皆さんが守る法律やルールの形式がどのように存在しているかについて、お話ししてきたいと思います。

第3回 
訴訟大国アメリカ 前編・後編

訴訟大国と呼ばれるアメリカは、なぜこんなにも訴訟が多いのでしょうか。この動画では、日本とアメリカにおける「訴訟」に対する感覚の違いや、訴訟が起きやすいアメリカの複雑な法律制度をわかりやすく解説しています。 

「訴訟大国アメリカ(前編)」の動画では、アメリカが訴訟大国と呼ばれる理由が、訴訟の数の多さにあることをあげ、後編ではアメリカが訴訟大国と呼ばれるもう1つの理由である、訴訟で生じるダメージの大きさと、それを助長している4つの制度についてお話をしています。

第4回
​アメリカの裁判制度

単一的な体系となっている日本の法律や裁判制度に比べ、アメリカは連邦制の国であり、連邦と州という二つのレベルの法律があります。それと同様に、裁判制度もアメリカは二元的な仕組みがとられていています。

法律の問題によっては、州の裁判所で解決できるものもあれば、連邦裁判所に行かなければならない問題もあります。また、同じ事件において州と連邦どちらの裁判所でも処理できる問題があったりと、アメリカの裁判制度はとても複雑でユニークなシステムとなっています。

第5回 
Subject Matter Jurisdiction:裁判における事物管轄権

アメリカでは、連邦裁判所と州の裁判所という2つのレベルの裁判所が存在します。連邦・州のそれぞれの裁判所には、担当できる訴訟・できない訴訟の権限が定められていて、この裁判権の範囲がSMJです。アメリカにおいて、裁判を有効に進める上でSMJは欠かせない要素となります。

『リーガルセンス』シリーズ

第1回​
【5分で解説】リスクリワード分析

リーガルセンスシリーズ①リスクリワード分析では、企業が採択できる選択肢が複数ある場合、各選択肢から発生するリワード(利益)と、そのリワードを追求することに付随するリスク(損失)から、最善手を選ぶために、「法律リスク」に目を向けることをお話しています。

第2回
【10分で解説】リスクリワード分析:リーダーの役割

リーガルセンスシリーズの第2回目:リスクリワード分析におけるリーダーの役割について。リスクリワード分析は、アメリカでビジネスをするリーダーにとって重要な資質です。アメリカでは、リスクリワード分析がなぜ必要か、そしてリスクリワード分析ができるリーダーとできないリーダにはどのような差があるのかについて、お話をしています。

第3回 
【7分で解説】リーダーの決断と法律の関係性

リーガルセンスシリーズの3回目、アメリカにおける「リーダーの決断と法律の関係性」についてのお話。新しいビジネスが生じ、それを取り巻く新しい法律が生まれる。どこまでビジネスに自由を認め、その産業を強くするか。自由にしすぎると公平性を失うことになるので、健全な市場を保つためには、どこまでの法律が必要か?  Foreign Corrupt Practices Act 海外腐敗行為防止法を例に解説をしています。

『アメリカ法おススメMovie』シリーズ
『法律英語』シリーズ

第1回

アメリカでビジネスをする経営者がリーガルセンスを磨くために知っておきたい「法律英語シリーズ」をこの度、開始します! 第1回はBurden of proofという法律英語を含め、3つ問題を出す形で、アメリカの法律制度を説明しながら、解説をしています。

第2回

アメリカでビジネスをする経営者がリーガルセンスを磨くために知っておきたい「法律英語シリーズ」をこの度、開始します! 第2回はForce majeureという英文契約書に関連する法律英語に着目し、契約解除のために必要な法的な概念を3つのシナリオをもとに問題形式で学んでいきます。

第3回 

アメリカでビジネスをする経営者がリーガルセンスを磨くために知っておきたい「法律英語シリーズ」第3回目です。 今回は、Jurisdictionという単語です。 二元性の裁判制度をとっているアメリカにおいて、Jurisdictionは重要な概念です。アメリカでビジネスをする経営者の方には、ぜひ理解をしておいていただければと思います。

第1回
​12 Angry Men

第1回目は、私の大好きな映画、12 Angry Menのご紹介です。ネタバレはできるだけしない形で、この作品の見所や、こんな法律のコンセプトを知っておくと、この映画が3倍楽しく見ることができるというお話をしていきたいと思います。 この映画は、刑事裁判において合衆国憲法で保障される人々の権利が何であるかを説明するとともに、アメリカの陪審制度にはどのような問題があるのかについて考えさせられる法律ドラマとなっています。 そして、たった1人で、11人の無関心で偏見に左右されている陪審員に、正義を追求するよう挑む陪審員8番が、いまでもアメリカの永遠のヒーローとなっている所以を、この映画で感じていただきたです。

英語フレーズ①
​12 Angry Men

第1回でご紹介した、12 Angry Menから、今回は法律的なお話ではなく、この映画で私が使えるな、と感じた英語のフレーズをご紹介しています。

注目したのは以下の2つのフレーズ。

sit well with。もう1つは、room for、です。これらの表現は、交渉の場でとても役立つものです。その用法などもあわせて、お話をしています。