経済支援策:Consolidated Appropriations Act 2021について

本記事では、コロナ禍における失業保険給付の最新情報の解説をしています。

Jackson Lewisの記事

https://www.jacksonlewis.com/publication/consolidated-appropriations-act-2021-unemployment-relief


  • 給付期間の再延長:州の給付期間は通常26週間となりますが、CARES Actにより13週間延長され、最長39週間となっていました(PEUC: Pandemic Emergency Unemployment Compensation)。それが、今回の追加支援策によって、給付の最長期間が50週間に延長されています。

  • 追加給付の再開:2020年7月31日に終了してしまった$600/週の追加給付が復活となります。$600ではなく、$300/週の追加給付が2021年3月14日まで、支払われることになります。

  • PUA(Pandemic Unemployment Assistance)も継続:失業保険給付を従来受けることができない対象者(自営業者、ギグエコノミー、独立契約者など)の支援プログラムも2021年3月14日まで延長されることになります。


今回の追加支援を受けて、経営者の方は再度、特定の州で実施される「ワークシェアリング・プログラム」の確認をしていただければと思います。会社の経済的負荷を下げる場合、大量レイオフや解雇の代わりにワークシェアリング・プログラムの利用が可能です。追加給付が再開されたことによって、今後、ワークシェアリング・プログラムを利用する企業が増えることになると思います。


ワークシェアリング・プログラムが有効か否かは、以下のような条件によることになります。

  1. 同プログラムから支払われる給付が全て連邦政府による負担であるか。利用することで雇用主へのペナルティ(保険金の増加など)がないか。

  2. 執行役員などマネージメント従業員、エグゼンプト従業員、パートタイム従業員なども同プログラムに参加させることができるか。


ワークシェアリング・プログラムについては、ジェトロ・ニューヨーク主催のWebinarで以前、お話をさせていただきましたので、そちらを参考にして下さい。


この記事に関する質問は、hnaito@mosessinger.comまで、日本語でお気軽にお問い合わせください。なお、本記事は執筆時の情報に基づいており、現在とは異なる場合があることを、予めご了承ください。最新コンテンツやアップデート情報などをいち早くご希望される場合は、ニュースレターへの登録をお願いいたします。

最新記事

すべて表示

ワークシェアリング・プログラムについて

ジェトロ・ニューヨーク事務局の皆様に機会をいただき、10月1日にWebinarを無事に開催することができました。ライブでは300人以上の方にご視聴いただき、登録数も700人となっていました。誠にありがとうございます。Webinar後も、質問をいただき、Zoom会議などをさせていただきました。引き続き、ワークシェアリングの情報をアップデートしていきます。 ジェトロのサイトで録画がアップロードされまし

失業保険について:週$600の給付金上乗せの終了

今回は、米国の失業保険制度についてまとめていきます。 失業保険の要件や申請方法などは、基本的には州法によって定められています。ポスト・コロナでは、2020年3月27日に施行したCARES ACT(コロナウイルス支援・救済・経済安全保障法)によって、失業保険制度が暫定的(今のところ、2020年12月31日まで)に、より手厚い補償内容へと変えられています。CARES ACTという連邦政府による特別補助

従業員が雇用主の職場復帰要請を拒否した場合

Ogletree Deakinsの記事 「Can Employees Refuse to Return to Work Because of COVID-19?」 https://ogletree.com/insights/can-employees-refuse-to-return-to-work-because-of-covid-19/ 本記事では、従業員の職場復帰要請の拒否に対する雇用主の注