• hnaito9

COVID-19:日本企業向けプログラム(パンフレット)

Japan Practice: Back to work programでは、コロナ禍における、雇用・労働法務プログラムを展開しています。実際、どのようなサポート体制であるかを分かりやすく説明するために、パンフレットを作成しました。


2020_924_Japan Practiceパンフレット(Web用)
.pdf
Download PDF • 3.85MB

ダウンロードできない場合は、こちらから。


本プログラムは、雇用・労働法務を専門としている米国法律事務所(3社)と協力し、全米42州で展開できるかたちとしています。そして、①日本企業のニーズに合わせたプログラムを提供し、②リーガルコストは見える化することをモットーとしています。また、企業研修やトレーニングも実施しています。


パンフレットには、コロナ禍における事業再開に焦点を当てたプログラムを紹介していますが、COVID-19以外の雇用・労働問題に対しても対応することが可能です。


この記事に関する質問は、hnaito@mosessinger.comまで、日本語でお気軽にお問い合わせください。なお、本記事は執筆時の情報に基づいており、現在とは異なる場合があることを、予めご了承ください。最新コンテンツやアップデート情報などをいち早くご希望される場合は、ニュースレターへの登録をお願いいたします。


最新記事

すべて表示

Tribute to Godfather of Sudoku:「数独」の名付け親、鍜治真起社長

「ゴッドファーザーオブ数独」としてロジックパズル(ペンシルパズル)を世界に広めた鍛治社長とニコリ社。米国進出やEU展開の際に一緒にお仕事できたことは、弁護士として私の誇りであり、土台でもあります。 パズルで世界展開をしたニコリの戦略:切り売りではなく、ライセンスへ 数独を世界展開する際、課題となったのは「パズルをどのようにビジネスにしていくか!?」でした。というのも、ニコリ社のパズルはヒューマンメ

「数独(SUDOKU)」の命名者でパズル制作会社「ニコリ」前社長・鍜治真起氏の訃報のお知らせ

大変悲しいお知らせですが、私にとって大切な恩人でもあるニコリの鍜治社長が2021年8月10日、胆管がんのため、ご自宅にて死去されました。心からのご冥福をお祈りいたします。 鍜治社長とニコリ社は、私にとっては一番最初のクライアントとなります。経験不足な私にチャンスを与えていただき、特に知的財産権に関するライセンス契約や交渉のことを多く学ぶことができました。 ALL OK PROJECTでも、「パズル

ポスト・コロナ社会の法務プログラムについて

ポスト・コロナにおいて、雇用主が対応を求められる作業(法務)を、以下のリンクに図表としてまとめてみました。 https://07de369e-0fd4-4ab4-8675-ae84f8df3fa2.usrfiles.com/ugd/07de36_29261d0cdcfa456a931006dfa9f10ef5.pdf 作業としては、大きく2つのカテゴリに分けています。ひとつは「インフラ整備プログラ