YouTube動画の補足:『Personal Jurisdiction:裁判における人的管轄権』

アメリカの裁判所が、ある事件を裁くためには、Subject Matter Jurisdiction(事物管轄権)とPersonal Jurisdiction(人的管轄権)という2種類の管轄権を有している必要があります。


今回、YouTubeチャンネル「久ラジ」でアップした動画は、アメリカの裁判制度におけるPersonal Jurisdiction(人的管轄権)についてです。

https://youtu.be/7IHAmKqrmC8


Jurisdiction, Subject Matter Jurisdiction(事物管轄権)、Personal Jurisdiction(人的管轄権)の用語については、以前、YouTubeの動画で解説をしました。

「法律英語第3回」

https://youtu.be/ZpKsGoNskUU


また、Subject Matter Jurisdiction(事物管轄権)についても、以前、解説をしていますので是非そちらもご覧ください。

https://youtu.be/5e8a3HsDDQE


今回の動画では、裁判所が人的管轄権を有するかどうかを判断するには2つの分析ステップがあることを説明しました。その際に、重要なのは「ミニマムコンタクト」があるかどうか、です。ミニマムコンタクトには定義がなく、ケースバイケースで判断するしかないので、ミニマムコンタクトの有無の判断はとても難しいのです。動画では、以下のチャートを用いて解説をしました。


Personal Jurisdiction図
.pdf
Download PDF • 164KB

また、人的管轄権における一般管轄権、特別管轄権が、こうしたミニマムコンタクトありなし、でどのように決定されるのか、その手順については、以下のチャートを参考にしてみてください。



Personal Jurisdiction図ブログ用
.pdf
Download PDF • 195KB


YouTubeの動画では、詳しいケースまでご紹介できなかったので、このブログでは、3回にわけて、Personal Jurisdictionに関する補足と判例の紹介をしたいと思います。



この記事に関する質問は、hnaito@mosessinger.comまで、日本語でお気軽にお問い合わせください。なお、本記事は執筆時の情報に基づいており、現在とは異なる場合があることを、予めご了承ください。最新コンテンツやアップデート情報などをいち早くご希望される場合は、ニュースレターへの登録をお願いいたします。