top of page

アメリカの商標出願から登録までの流れ

アメリカにおける連邦商標出願から登録まで(USPTOにおける手続き)を以下にまとめてみました。


米国の商標権は、他国とは大きく異なり「使用主義」です。

一般的に商標権は、「登録主義」といって最初に登録した者の権利となっていますが、アメリカでは、「使用主義」といって、最初に商標を使って商品やサービスの提供をした者、つまり「先に使ったもの勝ち」の権利となっています。

こうした違いからも、アメリカの商標の出願から登録までの手続きは、他の国とは異なります。


例えば、アメリカには「実際の使用」、「本国登録」、「使用意思」という3つの出願基礎があります。こうした出願基礎が3つあるというは、アメリカならではの特徴で、どの出願基礎を選ぶかによって、手続きにおいて注意しなければならないポイントが変わるのです。

今後、このチャートを参照しながら、商標権の手続きに関する解説をしていこうと思います。


米国における商標権の出願から登録、そして商標全般について、より知りたい方はこちらのサイトをご参照ください。


商標の手続きにかかる費用についてはこちら。


Moses Singer弁護士

内藤博久


この記事に関する質問は、hnaito@mosessinger.comまで、日本語でお気軽にお問い合わせください。なお、本記事は執筆時の情報に基づいており、現在とは異なる場合があることを、予めご了承ください。最新コンテンツやアップデート情報などをいち早くご希望される場合は、ニュースレターへの登録をお願いいたします。





0件のコメント

Comments


bottom of page